○エイズ治療・研究開発センター運営協議会(第1回)  

    

  

日時:平成10年7月24日(金)

   

13時30分~15時

   

場所:国立国際医療センター内会議室

   

(国際医療協力局5階大会議室)

 

    

  (議 事 次 第) 

 1座長挨拶(国立病院部長) 

    

 2委員の紹介 

  ・厚生省 

  ・国立国際医療センター 

  ・原告団 

  ・学識経験者 

    

 3エイズ治療・研究開発センターにおけるエイズ医療に対する取り組み状況報告 

    

 4意見交換(原告・弁護団等) 

  ・原告団からの要望事項について 

    

  <出席委員一覧> 

  ・学識経験者(東京専売病院長)           島田  馨 

    

  ・厚生省保健医療局国立病院部長             丸田 和生 

  政策医療課長 上田 茂 

  エイズ疾病対策課長(代理)             池田 千絵子 

  医薬安全局医薬品副作用被害対策室長               石塚 栄 

    

  ・国立国際医療センター病院長            梅田 典嗣 

  エイズ治療・研究開発センター長(院長事務取扱) 

  エイズ治療・研究開発センター 

                   臨床研究開発部   長 岡  慎一 

                   運営部長      山地 正行 

                   看護部長        鈴木 俊子 

    

  ・東京HIV訴訟原告団 4名 

     大阪HIV訴訟原告団 4名 

    

    

  

エイズ治療・研究開発センターの省令(抜粋)

   

H9.4.1

 

  (病院の部) 

 第174条の23 病院に、総合外来部、第一専門外来部、第二専門外来部、緊急部、第一病棟部、第二病棟部、第三病棟部、放射線診療部、内視鏡部、手術部、臨床検査部、薬剤部及び看護部に置く。 

    

 2第一専門外来部、第二専門外来部、放射線診療部、手術部に、厚生大臣が別に定める診療科を置く。 

    

 3総合外来部においては、外来患者の診療に関することをつかさどる。ただし、他部の主管に属するものを除く。 

    

  ~ (省略)

 

 15看護部においては、看護に関することをつかさどる。 

    

  (エイズ治療・研究開発センター) 

  第174条の24 病院に、前条に規定するもののほか、エイズ治療・研究開発センターを置く。 

  (エイズ治療・研究開発センターの部) 

 2臨床研究開発部においては、エイズに関する診断及び治療、臨床研究、診療に関する相談、技術者の研修並びに情報の収集及び提供に関することをつかさどる。 

    

  (研究所の部及び室) 

  第174条の26 (省略) 

    

©Copyrights @ 2017 mers.jp All rights reserved.  with Wix.com