リンク

ネットワーク医療と人権<MERS>

特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権<MERS>は、「薬害が二度と起こらない、感染症に対する差別・偏見のない、適切な医療と福祉が享受できる」社会の実現を目指しています。 

はばたき福祉事業団

東京HIV訴訟和解成立後、薬害エイズ被害者の救済事業を被害者自らが推進していくことを目的に、1997(平成9)年に任意財団として設立、2006年には、厚生労働省より社会福祉法人として認可を受けました。

今後は第2種社会福祉法人として、HIV感染者や血友病患者等の身体障害者の更生相談事業や感染者の遺族に対する相談・支援や調査研究、教育啓発等の公益事業活動を実施していきます。

WFH

世界血友病連盟(WFH)は50年以上にわたり、血友病、フォン・ヴィレブランド病、稀な因子欠損症、遺伝性血小板疾患等、遺伝性出血性疾患患者の治療の維持向上に関して活動を続けている団体です。

ヘモフィリアねっと(ヘモフィリア友の会全国ネットワーク)

本ネットワークは、日本各地で活動中である地区会を横断する緩やかな連絡体となり、血友病者相互の連携を強化することを目的としています。今後は、未参加の地区会に対する働きかけをはじめ、地区会が存在しない(休止中である)地域での対応も踏まえながら、医療施設、製薬企業、行政との連絡や交渉、折衝に際して、幅広く日本の血友病者の意向を体現していきたいと考えています。

全国薬害被害者団体連絡協議会

全国薬害被害者団体連絡協議会は、「薬害根絶」を実現するため、1999年10月22日、団体の枠を超え、結成されました。

悲惨な薬害の被害者として、その苦痛に満ちた被害体験を語り継ぐとともに、全ての人々が有効で安全な医薬品の恩恵と医療サービスを亭受することのできる社会の実現と薬害防止システムを創出すべく一致団結し、研究、提言、その他の活動に日々全力で取り組んでいます。【​2016年9月現在の加盟団体は、10薬害12団体】

問い合わせ

©Copyrights @ 2017 mers.jp All rights reserved.  with Wix.com