荒木義行さんの部屋

2018年歿 50

​♪川の流れのように

 2018年11月4日に旅立った夫の思い出。

 亡き夫 荒木義行 享年50歳でした。

 音楽が大好きで、中学生の頃より吹奏楽を始め、ユーフォニアムの楽器を演奏していた主人。
 週に2、3回の市民吹奏楽団の練習に参加し、演奏活動をしたりと音楽を楽しんでいた主人。
 時々、夫婦、親子でアンサンブルを楽しむ機会もあり、家族で音楽を楽しむ事ができたとても幸せな日々でした。

 音楽以外では、車が好き! 飛行機が好き! 乗り物も好きだった主人。よく、ドライブにも行きました。自衛隊の航空ショーも時々、見に行くほどでした。
 旅行も好きで、体調を気遣いながらもヨーロッパ、アジアなどの海外へも行き、色々な物を自身の目で見て新しい事に気付き、視野が広がる大切さと素晴らしさを話した記憶があります。
 食べる事も大好きで、足の負担を気にしながらも、美味しい物大好き!
 特にカレー命! 息子が作ったカレーは喜んで食べてました。寸胴鍋で作って欲しいとリクエスト! それを、毎日コトコト煮て、一週間かけて、味の変化を楽しみながら完食。
 〝カレーの黄レンジャー!〟とも言ってました。

 

 主人の人生観。音楽を楽しむ為。好きな車に乗る為。旅行へ行く為。美味しい物を食べる為。何より家族を守る為に仕事を人一倍頑張る人でした。健常者以上に、頑張って、私たち家族を守ってくれました。
 〝少しは、休んだら?〟と言うと、〝君と息子が居るから頑張れるんだよ!〟と言った言葉が忘れられません。

 夫と出会ったのは、夫が16歳、私が15歳と、とても若い時。それから亡くなるまで33年間、ずっと一緒でした。
 親、姉妹よりも長く過ごした人です。結婚してからは26年。振り返ると、長いようで、短い年数だったと感じます。

 

 まだ、まだ、一緒にやりたい事がありました。
 一人、旅立たれた時は、喪失感しか無く、何も見えなく、前を向く事ができませんでした。
 旅立たれて今年で4年。ようやく(?)前を向けるようになりました。
 約束していた、旅行に行く事。音楽を続ける事。人生を楽しむ事。
 いつか、会えた日に、〝頑張ったね〟と言ってもらえるように、今を生きていきます。

 貴方が、頑張って生きてきた事を、楽しんで生きた事を、ここに残したいと思います。

 心から愛した人。そして、〝有難うございました〟と伝えたいです。

​                                 正子