小園 靖さんの部屋

2006年歿 39

お父さんになる

    ゴルフ

ozono001.jpg

 この写真からちょうど3か月後の8月1日に夫はなくなるわけですが。
 この頃の私たちは、希望に満ち溢れていました。
 肝臓の主治医の先生から、肝移植についての提案がされたのです!!
 お父さんになることだし、これから、20年でも30年でも長く生きていけるような選択をしていきましょう と言ってくださった先生。
 〝ディズニーランドとかさ、障害がある人に親切だから、俺が車椅子でしおり(まだ見ぬ我が子。まだ性別もわかっていませんでしたが、女の子だったら しおり にしようと決めていまして)を抱っこして行けばいいよね!〟〝私だけちょっと忙しそうじゃん!!〟なんて会話が楽しくて楽しくて。
 自分が父親になれるなんて、100%ないと思ってた。奇跡ってあるんだね。と言われ、ああ頑張って良かった、生きる希望になあれ!と思いました。
 私と子のHIVの感染を避けるため、慶応病院で顕微受精という高度な不妊治療を受けました。肉体的にも精神的にも金銭的にもなかなかきつかったので、もうこれで最後にしよう!と決めたときに宿ってくれたのが、しおり。
 夫が亡くなった2か月後、元気に誕生してくれました。