O・Kさんの日記 1989年

 

 

1月2日(月)
 親父のさん歩用に犬をかったらどうかと言う話で論争 自分は断固反対
 
1月5日(木)
 右足のヒザが少しいたい
 
1月6日(金)
 今日初出勤の日 朝からX病院へ点てき及びヘマーテP注射 右足の調子が悪い
 
1月7日(土)
 早朝からテレビを見ていると天皇崩御のニュース 長かった昭和に終止符 明日より元号が平成と決まる
 
1月8日(日)
 平成元年1月8日雨 dが家族全員で犬を親父のために買って持ってきてくれた
 
1月9日(月)
 今日出勤途中歯茎から出血
 
1月10日(火)
 朝いったん止まったのでそのまま出勤したがすぐに出血した
 
1月11日(水)
 午前3時半頃いまだ出血止まらず 午前7時半頃二度目に目覚めた時口をゆすいだらやっと血が止まっていた
 X病院へ行きヘマーテP1000注射
 
1月12日(木)
 昨日は1日中頭が痛いし体がしんどかった
 
1月13日(金)
 Y病院へ行ってシップ薬をもらった
 
1月16日(月)
 仕事

1月17日(火)
 仕事

1月18日(水)
 朝 車のボンネットを閉める時右手親指付け根を突き指した

 

1月20日(金)
 (雨)気温が高いので助かる 昼前X病院へ行ったが午後の1内の外来休診のためそのまま帰宅
 
1月22日(日)
 朝から仕事場へ行ったが昼頃右足が変なのと指が痛いので2時頃まで仕事をして帰宅 足の具合がますます悪くなっている様なので午後7時前に時間外に電話して8時前ぐらいにヘマーテP500を2本静注してもらった
 
1月23日(月)
 足の痛みは昨夜の注射のお陰でだいぶ良い様だ
 手の親指もだいぶ良くなってきた 今日は仕事を休んだ 昼間もよく寝た
 
1月24日(火)
 仕事
 
1月25日(水)
 Y病院へ
 
1月27日(金)
 X病院へ 点滴とのみ薬
 
1月28日(土)
 仕事
 
1月29日(日)
 休み
 
1月30日(月)
 足の具合悪く早退
 
1月31日(火)
 X病院へ ヘマーテP2本1000単位注射 仕事休んだ
 
2月1日(水)
 今日は普段と同じ様に早朝より出勤
 
3月23日(木)
 あれから丸3年が過ぎた 4年目に入る
 
3月30日(木)
 JRA―B¥6180  C地下鉄B―D¥7530 計¥13710
 
3月31日(金)
 X病院へ行って点滴注射
 
4月1日(土)
 X病院でヘマーテP1000注射
 
4月2日(日)
 C地下鉄1ヶ月定期代¥7530 X病院時間外で ヘマーテP1000
 
4月3日(月)
 仕事休んだ
 
4月4日(火)
 X病院でヘマーテP1000注射して仕事に行った
 
4月5日(水)
 Y病院へ
 
4月6日(木)
 仕事
 
4月7日(金)
 X病院へ行きヘマーテP1000注射
 
4月8日(土)
 仕事
 
5月23日(火)
 昼食後、腹痛 たいした事ではないと思っていた(以前より風邪気味なので)
 
5月24日(水)
 腹痛が少しも良くならない 午前中にY病院へ行って午後ベッドで寝ていた ゲリ(胃腸の風邪)
 
5月25日(木)
 腹痛増々ひどくなる様な感じ ハキ気もする 熱36.8度ぐらい
 
5月26日(金)
 朝 X病院にTELしたがb先生出張中とのことでy先生にTELし診察してもらい薬と痛み止め薬をもらった 帰宅してすぐ薬をのんで寝た
 
5月27日(土)
 ゲリは金曜日の夕方ぐらいにピタッと止まった 腹はまだ痛いけど痛み止めでおさえられる
 
5月28日(日)
 だいぶん良くなった様だがはきけはいぜんとして続いている
 
5月29日(月)
 腹痛はするが少し食べようと思って食べてみるが食べるとはきけがする
 
5月31日(水)
 Y病院へ行った 腹痛は良くなったが胃が重たい 胃の薬をもらった
 
6月1日(木)
 昼間はできるだけ起きて動いていたが体がしんどい
 
6月21日(水)
 10日?~2週間ぐらい前からのどにかいようができている(うがいを良くする様に)
 
6月23日(金)
 X病院へ行った のどの調子が相変わらず悪い 飲むうがい薬をもらった レンチナンを初めて点滴した 体重64.5kg うがい薬でうがいした  体温36.4度
 

6月24日(土)
 体温36.2度 体重64kg
 今日は1日中蒸し暑かった 朝と夕食後のむうがい薬をのんだ 手足に湿疹が出来てかゆい特に腕の部分
 
6月25日(日)
 体重64.5kg 体温36.3
 のどの具合昨日ぐらいから少し良くなったみたい  飲むうがい薬がきいてきたのかな?
 23日のツ反の結果と同じ針のあとだけ 風邪いらい特に体がだるいと言うかしんどい感じ
 
6月26日(月)
 体重64kg 体温36.1度
 今日も朝起きる前から体がだるい のどの具合は(かいようの白い部分がとれて赤くなっている)だいぶ良くなっている様だ喉ちんこの部分が白い
 
6月27日(火)
 体重63kg 体温36度
 体重が減っている ショック あれかな?
 
6月28日(水)
 体重64kg 体温36.3度
 午前Y病院へ行った 午後2時過ぎe貴金属へ 午後4時過ぎ帰宅
 体調特に変化なし 便も下痢便ではない
 
6月29日(木)
 体重64kg 体温36.2度
 目がくしゃくしゃと言うかぼーっとかすんだ感じ 目薬さして少しすっきりした
 午前X病院へ、 喉ちんこの白いのはとれた 他の赤い部分は相当少なくなった 半分以下か? 朝からほんの少し頭痛がする X病院に
 
6月30日(金)
 体重64.5kg 体温36.3度
 体がだるいと言うかなんとなくしんどい感じ 夕方右足膝関節の下ふくらはぎ後ろ側筋肉が痛い 筋肉内出血か
 
7月1日(土)
 体重63.5kg 体温35.9度
 朝起きた時左側こ関節も調子が悪かった 少し出血した様だ X病院でヘマーテPを注射 昼から仕事 仕事中足にヤケドした 夕方Fの義兄らと外で食事
 
7月2日(日)
 体重64kg 体温36.2
 朝 昨日からの筋肉内出血の具合あまり良くない様だ 朝X病院の時間外でヘマーテP1000注射 午後安静 こ関節の方はだいたい良くなった のどの赤い所もさらに少なくなくなった 所々ぼつぼつてい度 湿疹は相変わらずかゆい
 
7月3日(月)
 体重64kg 体温36度
 朝、早起き(5時過ぎ)するのがしんどかった 午後8時過ぎ帰宅 右足膝関節下後側少しましの様だがまだ痛い
 
7月4日(火)
 体重64kg 体温35.3度
 朝起きてすぐは筋肉が痛くて歩きにくい イスに座っていて立ってすぐは大変歩きずらい 手足のカブレ非常にカユイ のどの赤い所はほとんど良くなった
 
7月5日(水)
 体重64kg 体温35.4度
 相変わらず体はだるいし気分はゆうつ 右足の筋肉も股関節筋肉も相変わらず痛い
 
7月6日(木)
 体重64kg 体温35.8度
 今日も体調は悪かった 筋肉痛もあまり良くならないし手足のカブレ特に足のほうがカユイ とにかく気分はゆうつ のどのカイヨウは薬のお蔭で直った様だ(今日は薬をのんでいない)
 
7月7日(金)
 体重 63.5kg 体温36.2度
 今朝また喉ちんこが少し白くなっている(薬のんだ) X病院でA222点滴注射及びツ

7月8日(土)
 体重64kg 体温36.0
 この所気分はユウツ 何となくイライラするし何もする気がしない じっとしていても不安感でどうしようもない 足の筋肉もまだ痛い 1日中ベットでゴロ寝
 
7月9日(日)
 体重64kg 体温36.5度
 昨日とだいたい同じ ウツ病みたい ウツ病てどんな状態かなー ツ反の結果針のあとと内出血の後だけ
 
7月10日(月)
 体重64kg 体温36.1度
 足の痛いところ右膝の関節の方まで調子が悪くなった 明日X病院へ行こうかな 湿布をして寝よう。夕方迄仕事した
 
7月11日(火)
 体重64kg 体温35.8度
 朝、5時20分起床8時過ぎ職場についた 調子の悪い右足をダマしダマし夕方7時頃迄仕事した
 
7月12日(水)
 体重64kg 体温36.1度
 午前10時頃Y病院へ 午後1時半頃帰宅 家で安静にしていた 相変わらず右足筋肉が痛い
 
7月13日(木)
 体重64kg 体温36.2度
 朝土砂降りの中出勤 体調も気分も最低 何かをしようとする意欲も湧いてこない 仕事はたくさんある
 
7月14日(金)
 体重64kg 体温35.4度
 X病院へ行ってA222点滴 午後3時半過ぎ帰宅 足の筋肉が相変らず痛い 今日のどの検査をした
 
7月15日(土)
 体重64kg 体温36.1度
 午前10時頃出勤 午後9時帰宅
 
7月16日(日)
 体重64.5kg 体温36.2度
 相変らず朝床から離れにくい 今日午後 Eの労働会館でa先生のお話が有るのに体の都合でききに行けなかった
 
7月17日(月)
 足の筋肉少し痛みが軽くなった。
 
7月18日(火)
 体重64kg 体温36度
 後どのくらい元気で生きられるのかなー 寝たきりの状態で生きたくないなァ
 8時10分頃出勤 爪の修理やk18地金作りを始めた よく電話がかかってきた 誰もなかなか出勤してこない 11時頃gが出てきたので、もう少し早く出て来たらと言った そう言ったとたんgは13時間労働で1カ月も休みが無いのに早く起きて来れるかと言った
 俺に対して あんたは何日働いているのかと言ったので俺も土曜日も出てきているし朝7時頃から午後7時、8時頃迄仕事していると言ってやった
 事時間に関してはここジュエリーhでは社長以下全員午前中は仕事にならないと思っている様だ困ったものだ
 
7月19日(水)
 体重64kg 体温36.1度
 午前中ズボンを買いに行った 午後本棚の整理 あとゴロゴロ
 
7月20日(木)
 体重64kg 体温36.2度
 のどの具合も相変らず あまりパッとしない 喉ちんこの部分口の中や体全体に広がってくるのか(仕事もキツイ) 午前8時~午後8時半 そのまま寝た
 
7月21日(金)
 体重64kg 体温35.9度
 午前10時半頃X病院へ行きA222午後4時半頃帰宅 腹がへっていたので赤飯と豆菓子を食べ炭酸飲料を飲んだ しばらくして腹痛とはき気
 
7月22日(土)
 体温36度7分
 土曜日朝になっても痛かったのでY病院へ行って薬をもらった 5月の今頃になった胃腸の風邪に良くにたかんじ しかし、今回は下痢はしなかった 体温36度5分前後を上下
 
7月23日(日)
 相変らず腹は痛い 何か食べようと思ってもハキ気がする 朝ほんの少しカユを食べた
 
7月24日(月)
 腹痛だいたい取れたが何か食べたりすると少し痛い感じ 体温36.7体がだるい感じ
 
7月25日(火)
 朝、早く起きたがしんどいので仕事をもう1日休もうかと思ったが9時頃車で出勤、7時頃まで仕事した 腹痛はどうやらおさまった様だ
 
7月26日(水)
 午前中にY病院に行き薬をもらって帰ってきた その後、ベッドでゴロ寝 体温36.8度
 
7月27日(木)
 朝4時頃目がさめた しんどいけど今日は少し早くしごとに行った
 7時40分頃ついた 沢山仕事がたまっている 午後9時前まで仕事した つかれた
 
7月28日(金)
 体温35.7度 今日は右膝がまた少し出血した様だ X病院でヘマーテPとA222を注射
 
7月29日(土)
 体温36.1度
 9時半頃車で家を出て11時頃仕事場についた 夕方五時過ぎ迄仕事 足の調子相変らず悪い 手足もかゆい
 
7月30日(日)
 体温36.2度
 1日中、家の中でテレビを見たりしてゴロゴロしていたが、あまり調子は良くならない 明日は又仕事がしんどいナー
 
7月31日(月)
 体温36.1度
 手間のかかる仕事を先にかたずけた、だいたい全部かたずいた やれやれといった所か しんどかった
 
8月2日(水)
 あの日(昭和61,3,23日)以来不安といらだちと言うものがいつも付きまとっているがこのごろ特にそのけいこうが強くなったとは思はないが年月を重ねるうちに、このかこくな状況を周囲の人達に知ってもらいたいと思う気持ちと、知らせても解決する手段が無い現状では知らせても仕方が無いと言うか特に親兄弟につらい思いをさせるだけだと思うといつもどうどうめぐりをくり返してよけいにイライラがつのる
 普通の社会生活で他の人に伝染する事は無いと言われているがほんとうにそうなのか
 イライラや不安をつのらせる要因である 少なくとも自分の周囲からは自分と同じ様な被害者は出てほしくない 自分1人でもうたくさんだ、こんな気持ちで生きている自分がつらく悲しい 生きている事が非常に重荷である。
 あの事をのろう 日本政府(厚生省)は1日も早く責任を取ってほしい 少なくとも経済的不安ぐらいは取りのぞいてほしい見かけだけにしろ元気で行動出来る間だけでも自分の好きな様に生きていたいと思う
 薬のお陰で自分も他の人と同じように元気に生活できると思ったのにその薬のお陰で奈落の底へ突き落とされた
 
8月4日(金)
 体温36度
 X病院で検査及びA222点滴とツ反(ヘマーテP1回分持ち帰り)
 
8月6日(日)
 体温35.8度
 4日のツ反結果5×4mmの大きさ(注射した時の内出血のあとの様な感じ)
 
8月9日(水)
 体温35.4度 体重65kg
 Y病院へ行って湿布薬をもらった
 
8月11日(金)
 体温36.1度
 午前中にX病院へ行った 車から降りて歩いていてつまずいて左膝が少し内出血した様な感じがしたのでヘマーテPとA222を注射
 
8月12日(土)
 体温36.1
 昨日の注射のお陰か左膝はどうやら事なきを得た
 1日中家でゴロゴロしていた 今日からお盆休み
 
8月18日(金)
 体温36.4
 午前 X病院へ A222点滴
 
8月19日(土)
 体温36度
 この所少しましだった手足の湿疹が又少しひどくなった とにかくかゆい
 
8月23日(水)
 Y病院へ行ってかゆみ止めのくすりと湿布を
 
8月25日(金)
 体温36.2 体重63.5kg
 X病院でA222点滴
 
8月26日(土)
 36.1   仕事
 
9月20日(水)
 体温36.1度
 Y病院へ行った帰りに自動車屋へ寄った(\20,000-)
 
9月21日(木)
 体温35.9度 65kg
 少し頭痛がする 風邪かな 朝から両ヒザ少し調子悪かった 昼食事するため外出した時道路でツマズキ左ヒザがかなり痛かった なお調子が悪くなった
 
9月22日(金)
 体温35.6度 体重65kg
 昨日痛めた左ヒザ歩けない程ではないが調子悪い X病院A222とヘマーテP1000単位注射及びツ反と血液検査 9/13の検便も悪くなかった
 
10月9日(月)
 36.1度
 分析 k18地金塊袋共92g 混合地金粉袋共8.9g→10月12日fさんに預けた
 
10月10日(火)
 36.0度
 右ヒジの筋肉が痛い 少しハレている 左アゴの痛みは初めの時の半分くらいの痛さの感じ だいぶ軽くなった
 
10月12日(木)
 36.8度
 少し頭痛がする 右ヒジもいたい
 
10月13日(金)
 35.5度  63.5kg
 左アゴの痛い感じほとんど取れた 指で押さえたら少し残っているかナーと言う感じ 右ひじは相変らずハレて痛い 我慢できない程ではない X病院でA222注射
 
10月14日(土)
 36.0度
 木曜日の夜肛門から出血したらしく下着が汚れていた(金曜日朝) 土曜日の朝も止まっていない様だ
 
10月15日(日)
 35.6度
 左アゴの痛みはほとんど取れた 肛門の出血もほとんど止まったか
 
12月19日(火)
 朝 X病院の時間外でヘマーテP1000単位注射(右膝)
 
12月20日(水)
 X病院でヘマーテP1000単位注射
 
12月22日(金)
 36.5度
 X病院へ 先々週撮ったレントゲン別に悪い所無し 検査結果も良い方へ向いているのでA222を点滴せずに様子を見ると言う事になった(飲み薬) ジフルカンとタリビットをもらった

 

©Copyrights @ 2017 mers.jp All rights reserved.  with Wix.com